漢方はり治療とは

「漢方はり治療」とは、患者さんの痛みやこりなどのつらいところに鍼やお灸をするのではなく、なぜその症状が現れているのかを脉診や腹診、問診などの四診(望・聞・問・切)により診断し、治療法を導き出していきます。東洋医学では、病の原因は内臓の不調和にあるとされています。

「漢方はり治療」は、内臓の不調和を整え、機能を高めることによって自然治癒力を引き出し、氣・血・水の流れを良くし、体が治る力を取り戻すことを目的としています。
ですから治療直後よりも時間が経過するとだんだん体が変化してまいります。
これが「自然治癒力」=「治る力」の現れなのです。

 

診断

診察は、望・聞・問・切の4つの方法で行います。
 
<望診>
視覚を通しての診察です。顔色やつや、舌の状態を診ていきます。 
<聞診>
聴覚・嗅覚を通しての診察です。
<問診>
これは文字通り問診です。苦痛ないし違和感の状態、またそれに至るまでの経過や睡眠の状態、食欲、大小便の状態など伺っていきます。
 
<切診>
触診を通しての診察です。患部の触診、脉診、腹診、背部診など行います。
 
【脉診】
両手首の橈骨動脉に2、3、4指を当て、この六つの部位の脉の打ち方や速さを診ていきます。
ここで内臓の状態をうかがいます。
 
【腹診】
胸部から腹部の皮膚や皮下組織を軽く触れ、時に強く押さえて、皮膚の寒熱、潤い、ざらつきや
つっぱり、圧痛、硬結、筋緊張、動悸などを診ていき

治療

「鍼は痛い。」「お灸は熱い。」と思っていませんか?
また、「鍼を刺さなければ治らない。」「お灸の熱さを我慢しなければ!」と思っていませんか?
治療の方針は、東洋医学の理論の根幹を成す「氣」の調整です。そのため、鍼は皮膚に触れるくらいのもの、お灸は痕が残るほど熱いものではありません。
 
 
<はり>
銅製のてい鍼というはりをツボにあてることによって気・血・水の流れを整えていきます。
 

<お灸>
お灸は、冷えに対するものと思われがちですが、熱に対するものもあります。
米粒大のものを目的の場所におき、燃え尽きる寸前に消してしまうものです。これは主に背中のツボに施灸します。
そのほかに、親指大ほどのお灸を目的の場所に置き、火をつけて、熱さを感じたらすぐに取り去ります。これは局所的に熱がある場所の熱取りに施灸します。
昔から言われている「特効穴」と言われる場所にお灸をする場合は、熱さを感じるまで何度でも50壮でも100壮でも施灸することがあります。

DRTについて

DRTとは、(D)両手(ダブルハンド)を使って、(R)跳ね返る(リコイル)ような、(T)テクニックで背骨を5分程度ゆらゆら揺らす調整法です。

背骨は神経を通している重要なパイプであり、全身のバランスを支えている中心軸です。

その背骨が歪んだまま生活していると、末梢神経の根本に当たる神経根が圧迫されて様々な症状を引き起こします。

正常な背骨のカーブは、横から見たときS字を描いています。これは重力の影響を受けても体に負担がかからない構造になっているためで、背骨をS字に保つことによって重力の影響を各部位に逃がし、全身の筋肉を使って受け止めています。

何らかの原因で背骨のS字カーブに対する重力の負荷が大きくなりすぎると、体は無意識にそれを補おうとして今度は全身の筋肉を使って何とか背骨を支えようとします。 その結果、首や肩、腰などに無理な負担がかかり それらの部位の筋肉が疲労し、不調が出始めます。

このような状態を防ぐには、歪んだ背骨を調整し、背骨のS字カーブをキープすることが大事です。

DRTで背骨の位置を元に戻し、姿勢やこれまでの習慣を改善して、健康を取り戻しましょう。

DRT背骨揺らし